何を着れば正解?女性におすすめのオフィスカジュアル

何を着れば正解?女性におすすめのオフィスカジュアル

通勤時や勤務時の服装規定で「オフィスカジュアル」を導入する企業も増えてきましたよね。体温調節がしやすくなるなどのメリットがある反面、何を着れば正解なのかよくわからない、といった声も少なくありません。そこでこの記事では、企業ごとに異なる服装規定に対応できるよう、一般的なオフィスカジュアルに関するNGポイントや、無難なコーディネートの例をご紹介していきます。会社の服装規定でお悩みの方は、ぜひご一読ください。

女性のオフィスカジュアルでの5つのNGポイント

アパレル業界などの例外はありますが、大抵の企業ではオフィスカジュアルのコーディネートを考える際、服装規定のほかに社内の雰囲気まで考慮しなければなりません。しかし、初出勤の場合などには当然、社内の雰囲気まではわかりませんよね。なので、まずはここだけは押さえておきたいオフィスカジュアルでの5つのNGポイントをチェックしていきましょう。

1. 露出度が高い
ミニスカートやキャミソール、胸元が開いたトップスなど、露出度が高いアイテムはNGです。スカートの長さは膝上7センチ程度までが一般的。判断しにくいような長さであれば、避けておくのが無難です。

また、軽装で良しとされる真夏のクールビズ期間においても、ノースリーブのシャツを着用する場合には、サマーカーディガンや薄手のジャケットを羽織るなどして急な来客にも対応できるような配慮が求められます。

2. 鮮やか過ぎるデザイン・カラーリング
オフィスカジュアルのコーディネートにおけるベーシックカラーは、モノトーンやモード系などシンプルな色合いです。清潔感を与える白をはじめ、黒や紺、ベージュやブラウンなどのアイテムを選び、派手な色や目立つデザインのモノは避けましょう。

3. ラフすぎる
Tシャツやデニムなど、ラフすぎる格好もオフィスカジュアルには適しません。全体のコーディネートはスカートでもパンツスタイルでも構いませんが、シルエットが広がりすぎないようにタイトに仕上げると好印象です。

4. 派手なネイル
ネイルに関しても派手なカラーリングはNGです。ヌードカラーなどシンプルなデザインが好まれます。当たり前ですが、仕事に支障をきたしかねない装飾も外しておきましょう。

5. 小さすぎるバッグ
バッグは小さすぎると相手にプライベートな印象を与えてしまいがちです。A4サイズの書類やファイルが収まる程度のサイズがベター。ビジネスシーンではハイブランドを避けつつも、安っぽく見えないモノを選ぶことが重要です。

女性のオフィスカジュアルで迷ったらコレ

女性のオフィスカジュアルでのNGポイントを確認してまいりましたが、ここからはおすすめのコーディネート、これらを身につけていけば間違いないという定番のスタイルをご紹介していきます。

 キレイめコーデで印象アップ
シャツは清潔感のある白を着用。パンツスタイルであればスラックス、アウターにはジャケットやカーディガンを合わせることでキレイめな定番オフィスカジュアルコーデが出来上がりです。

 靴は高さ5㎝~7㎝のヒールが無難
スニーカーはNG。パンプスは賛否両論あるので、まだ社内の雰囲気がわからない最初のうちはヒールが無難です。ただ、高さは7㎝を超えると歩きづらく、姿勢の美しさも損ねてしまいがちですので気をつけてください。

 オシャレしたいなら淡い配色を
ベーシックなカラーリングだけでは物足りないという方は、ペールカラーやパステルカラーなど、淡い色合いのアイテムを取り入れるとよいでしょう。

まとめ

企業によってさまざまな服装規定ですが、各企業共通認識のNG項目もたくさんありましたね。社内の雰囲気がわからない初出勤日は無難にスーツで行くべき、という声もありますが、それでは逆に目立ちそうで嫌だ、という方はぜひ参考にしてみてください。

衣料フッションカテゴリの最新記事