プチプラファッションを安く見えないようにする選び方

プチプラファッションを安く見えないようにする選び方

プチプラファッションは最近では、ユニクロやGU、H&М、しまむらというファストファッションブランドだけではなく、ネットだけ展開しているブランドも増えて、人気を集めています。
しかし、プチプラファッションって安いから買いやすいけど、どこか安っぽく見えたり、おしゃれではなかったりしますよね。
もしかしたら、それは買う前のチェックが間違っているかもしれません。
プチプラ服には、プチプラ服ならではの選び方やチェックすべきポイントがあります。
今回は、そんな損しないプチプラ服の購入する際に注意すべき点をご紹介します!

素材ですべてが決まる

プチプラ服が高く見えるか安く見えるかは、素材が一番重要になってきます。
プチプラ服は残念ながら、シワになったり、毛玉ができたりなどする素材のものが多いですが、それらは安く見えてしまいます。
買う前に必ずタグを見て、実際に触って、試着をし、素材を確認するようにしましょう。

レーヨンやリネンなど透ける素材やシワになってしまう素材には注意が必要です。
生地がペラペラしていると、残念ながら安く見えてしまいます。
また、デザインがレースのものだと、大人が着ると安く見えてしまうので避けるべき。

高く見える素材は、「コットン」「リヨセル」「麻」「モダール」などになります。
コットン+ポリエステルが混ざっているものなどは、シワになりにくくおすすめですよ。

素材にこだわるだけでも大きく変わってくるので、慎重に選ぶとよいでしょう。

サイズが自分にあっている

サイズの合わない服だと、どんなに高い服であっても実際の値段より安く見えてしまいます。
ただでさえ安いプチプラファッションだとさらに安く見えてしまいがち。
サイズが合っていれば、服自体が安くてもおしゃれに着こなせます。

安くてデザインなどが気にいっても、サイズが合わない服は買わないようにしましょう。

極力デザインがシンプルなものを選ぶ

プチプラブランドで買い物する時は、つい安いからと言って冒険をしがち。
しかし、安っぽいプリントだったり、雑なビジューやレースだったりすることが多いです。
質が悪いデザインだと余計に目立ってしまったり、装飾部分が取れやすかったりします。

そこで、シンプルなデザインの服を選ぶのがいいでしょう。
ブラウスやワンピースでも、シンプルなものだと着回ししやすくなりますよ。
白や黒、ベージュ、カーキだと間違いありません。
全身プチプラファッションでも色を上手にまとめれば、きれいに仕上がります。

バランスを考えてコーディネイトする

毎回同じサイズだけを買うのではなく、上下のバランスを考えてサイズを決めるのも大事。
また、高いものと安いものを上手に組み合わせたり、テーマを合わせたりするのも高く見せるためのポイントになります。

また、プチプラファッションは他の人と被りがちです。
定番のシンプルな物ばかりだと、無難ですが、自分らしさはなくなります。

そこで、少しだけ自分らしさを取り入れてみるのもおすすめ。
自分らしさを取り入れる方法は、小物に自分の好きな色を入れることです。
カーディガンや、靴やソックスなどの足元、スカーフ、バックなどの小物を、好きな色にすれば自分だけのオリジナルのファッショが完成します。

まとめ プチプラファッションでもおしゃれは出来る!

プチプラファッションでもポイントを押さえれば、安く見えないように出来ます。
・素材に気を付ける
・自分にあったサイズを選ぶ
・シンプルなデザインのものを選ぶ
・全体のバランスを考える

ファストファッションをおしゃれに着こなす大人の女性は素敵ですよね。
プチプラファッションを上手に取り入れて、自分らしいスタイルをしましょう。

衣料フッションカテゴリの最新記事