大手アパレルメーカーのワールドの魅力

大手アパレルメーカーのワールドの魅力

ワールドとは

ワールドは兵庫県神戸市に本社を構える大手のアパレルメーカーです。光商会(現:株式会社エンパイアー)の社員であった畑崎廣敏氏と木口衛氏の2人が退職して1959年に立ち上げました。ワールドグループとして日本最大級の60ブランドを持ち、全国各地に2,400店舗を展開中です。

ワールド自信のコンセプトは中流の上

ワールドのコンセプトは、一人ひとりの「個性」や「らしさ」を輝かせること、そのために企画から製造、販売のプロセスのすべて担い、レディースやキッズ、メンズからライフスタイルまで、様々なファッションを提供しています。客層としては「アッパーミドル(中流の上)」を得意としており、ワイシャツであれば1着1万円前後の商品を中心にしています。ワールドの商品は品質の良さでは非常に定評があり、着やすく長持ちし、日本ブランの持つ素晴らしさを実感することができるでしょう。

まとめ

ただ、最近は低価格のファストファッション、カジュアルブランドに押され、売上の減少傾向が続いています。しかし、ワールドブランドならではの良さを理解している人たちは決して少なくなく、海外のブランドとは違い、しっかりとした日本ブランドとしての安心感があります。今後の新たな展開が期待されます。

衣料フッションカテゴリの最新記事